【プロ監修】お見合いで話題に困らない!超モテる会話ネタ+質問7選

監修:来島美幸

来島美幸

更新日:2022.03.19
投稿日:2021.10.15
  • お見合いの会話のコツは?
  • お見合いのオススメな話題は?
  • コミュ障でも会話が盛り上がるテクニックってある?

こういった婚活の疑問に答えます。

恋愛経験が多くない方は、初対面の異性と2人きりだと「あたふたした会話」になりがちかもしれません…。

そもそも結婚相談所に入会したばかりの方にとって、「会話をフレンドリーに盛り上げるべきなのか」「最初はありがちな話題にすべきなのか」など、お見合い独特の会話のマナーを知らないのは仕方ありません。

しかし、プライベートで出会った異性との会話と同じようなコミュニケーションを取ってしまうと、成婚どころか仮交際(プレ交際)にすら発展できないでしょう。せっかく高額な料金を払って入会したのだから、お見合いで苦戦なんかしてないで、スムーズに仮交際/真剣交際まで発展したいですよね。

そこで本記事では、「お見合い成功率を爆上げする!鉄板の会話ネタ」を徹底解説します。

さらに、具体的な会話術もご紹介するので、次のお見合いからカンタンに実践できるでしょう^^

このテクニックを知るだけで、まるでデートをしているかのような楽しいお見合いに激変します。

お見合いで使える鉄板の会話ネタ7選

お見合いで使える鉄板の会話ネタ7選

つまらない会話から脱却できるオススメの話題は、こちらです。

モテる会話ネタ
  • 趣味・休日の過ごし方
  • 職業・仕事観
  • 好きな食べ物・苦手な食べ物
  • 好きな本・映画
  • 家族構成
  • 学生時代の思い出
  • 最近ハマっているもの

ちょっと警戒気味の初対面の異性に対しては、これくらいの王道すぎる話題でOK!

「ありきたりすぎる質問はどうなの?」と不安に思う人もいるかもしれません。ただ、お互いの共通点が見つかったり新しい発見があったりすれば、どんどん盛り上がるのでご安心ください。

会話ネタ①:趣味・休日の過ごし方

お見合いの話題で鉄板ともいえる「趣味・休日の過ごし方」は、会話を膨らませやすいネタの一つです。この質問でお相手が好むお店やデートの傾向が見えてきます。

たとえば仕事のストレスを発散させるため、休日にはショッピングモールに出かけて買い物をしたりカラオケに行ったりしている人であれば、アクティブなデートを好む傾向にあるでしょう。

一方で仕事の疲れを癒すために、休日は自宅でゆっくりと過ごしたり読書をしたりしている人の場合には、落ち着きのあるインドア系デートが好きな可能性が高いでしょう。

お見合いが終わって、お互いに好感をもっていれば仮交際に進めます。次のデートで行くお店選びの参考にもなりますので、ぜひお見合いの場で質問してみてください。

会話ネタ②:職業・仕事観

次におすすめしたい会話ネタは「職業・仕事観」です。たとえば以下のような質問が考えられます。

  • プロフィールに「研究職」と書かれていますが、どのような研究をされているのですか?
  • 仕事で大変なことや、やりがいに思える部分はありますか?
  • 仕事で将来、どこまで登りつめたいとか希望はありますか?

とくに男性は仕事の話を熱く語ってくれる人も多いです。そもそも結婚相談所に入会されている人のほとんどはしっかりと働いています。なかには生活の大半を仕事が占めている人も少なくないため、沈黙になりにくい会話のジャンルです。

ただし、仕事の愚痴大会にならないように注意しましょう。お互い「愚痴を楽しく聞ける人」ならばよいですが、反対に「愚痴を聞いているのが苦痛の人」もいます。お見合いをしている段階はお相手のことをあまりよく知らない状態ですので、愚痴ばかり話していると悪印象を与えてしまう可能性もあるでしょう。

会話ネタ③:好きな食べ物・苦手な食べ物

「好きな食べ物・苦手な食べ物」に関する話題も定番ですが、質問しやすく答えやすい会話ネタのためよくお見合いで話題になります。加えて食の好みをさりげなくリサーチできますので、次のデートで行くお店選びの参考にもなるでしょう。

食の好みが合うかどうかは結婚するうえで非常に重要です。お相手が好きな食べ物が、自分が嫌いなものばかりだった場合は、結婚したあとの食生活で苦労が待っていますよね。この先の関係を続けていいのかといった判断基準にもなるため、積極的に質問しておくとよいでしょう。

会話ネタ④:好きな本・映画

「好きな本・映画」などを質問しておくと、お互いの共通点を見つけられて会話が盛り上がるケースも少なくありません。たとえば下記のように質問してみてください。

  • 趣味に「読書」とありますが、どんな本が好きなのですか?
  • 普段は映画を観たりしますか?
  • どんなジャンルの映画を観ますか?
  • おすすめの本や映画はありますか?

もしも自分が読書や映画に興味がない場合でも、この質問はお見合いの席で非常に有効です。「私はあまり本を読まないのですが、どんな本を読むのですか?」などと前置きをしたうえで質問すれば、お相手は「自分のことを知ろうとしてくれている!」と嬉しい気持ちになるからです。

会話ネタ⑤:家族構成

お見合いの席ではお相手の「家族構成」について尋ねてみるのもおすすめです。具体的には「〇〇さんは一人っ子ですか?」や「兄弟はいますか?」などと質問してみてください。

この家族構成の質問も、自分との共通点を探しやすい会話ネタの一つです。たとえばお互いに「末っ子」だとわかれば、末っ子なりの苦労話や得した話などで意気投合しますね。

ただし、家族についてはあまり深掘りしすぎないように注意しましょう。なぜなら、お見合いの場は、あくまでもお互いのことを知っていく大切な段階だからです。

沈黙が怖いからといって「ご兄弟はなんの仕事をされているのですか?」「ご兄弟はどちらにお住まいなんですか?」など、ほかの家族のことばかり質問していると気分を害してしまう可能性があります。

あくまでも、お互いの共通点を見つけるための質問だと意識しておきましょう。

会話ネタ⑥:学生時代の思い出

意外にも「学生時代の思い出」がお見合いの席で盛り上がるケースもあります。たとえばプロフィールで出身地が同じだったり近かったりすれば、同じ学校に通っていた可能性もあるため「どこの学校を卒業されたのですか?」などと聞いてみてもよいでしょう。

また部活動やクラブ活動の話をしても盛り上がります。「なにかスポーツをされていたように見えますが、学生時代は何部だったのですか?」などと質問してみましょう。同じ部活動だった場合には共通点となりますし、もし全然違う部活動だったとしても「バスケットボールはいつから始めたのですか?」などと話題を広げられます。

会話ネタ⑦:最近ハマっているもの

「最近ハマっているもの」について質問してみるのも、お相手をよく知ることができる会話ネタです。

ここ数年では新型コロナウイルスの影響により、多くの人が「おうち時間」を上手に過ごすようになりました。そこで「私はコロナになってから”お家コーヒー“にハマっているのですが、〇〇さんは最近ハマったことはありますか?」などと尋ねてみましょう。

これも次のデートの参考になるためおすすめです。もしお相手もコーヒーが好きならば「自宅で美味しいコーヒーを淹れられるコーヒーグッズ専門店があるのですが、今度一緒に行きませんか?」などとデートを誘う口実にもなるでしょう。

ちなみに、「あなた自身が最近ハマっているもの」など、お見合いで話すことは事前に自宅でイメージしておくと会話のキャッチボールがスムーズですよ。

お見合いで絶対NGな質問・会話5選

次にお見合いの場で絶対にNGな質問・会話を5つピックアップしてお伝えします。

  • 相手の婚活状況・過去の恋愛話
  • 宗教・政治
  • 結婚後の具体的すぎる話(子ども、結婚観)
  • 具体的な個人情報(住所や勤務先)
  • ネガティブなニュース(コロナ、殺人など)

宗教・政治関係の話題や結婚後の具体的すぎる話などは、人によって大きく意見が分かれる内容です。仮交際・真剣交際と進んでいくなかではお互いに話しておかなければならない話題だとしても、「顔合わせ」であるお見合いではタイミングが早すぎます。

「結婚したら宗教に入らないといけないのかな?」や「子どもをたくさん作らないとダメなのかな?」など、自分の良い面を知ってもらう前に結婚生活に対して大変なイメージができてしまうため気をつけましょう。

また、お相手の婚活状況や過去の恋愛話、住所や勤務先などの具体的すぎる個人情報、ネガティブなニュースなどについては、あまり明るい話題ではありません。最悪の場合、お相手が気分を害してしまう可能性があるため絶対に避けるべき話題といえるでしょう。

【モテ度UP】お見合いで今すぐ使える2つの会話術

【モテ度UP】お見合いで今すぐ使える2つの会話術

最後に、お見合いで今から使える会話術をご紹介します。
このテクニックを駆使すればモテ度UPできますので、ぜひ覚えて実践してください。

会話術①:相手に共感して聞き上手になる

まず1つ目の会話術は「相手に共感して聞き上手になる」ことです。このテクニックを実践できると、お相手が気持ちよく自分の話をしてくれるようになります。

男性は「俺ってすごいだろ〜!」と自慢話をしたりマウントを取ってきたりする生き物です。そのため女性側が聞き上手になってあげれば、男性は「この人は俺の話を楽しそうに聞いてくれる!」と良い気分になります。

一方で女性は自分の話をすることで快楽を覚える生き物です。このため男性側が聞き上手になれれば、女性もどんどん自分の情報を気持ちよく話してくれます。

ただし聞き上手な人とは「単純に相づちを打って話を聞く人」ではありません。「共感しながらうまく相手の話を聞き出せる人=聞き上手な人」なのです。

会話例

具体的な会話例をご紹介しましょう。

女性
話し役

最近、オンラインヨガにハマってるんです!

男性
聞き役

へ〜、ヨガって家でもできるんですね!
周りの目を気にせずにヨガができるなんて、楽しそうですね^^

女性
話し役

はい、めちゃくちゃ楽しいですよ♪

男性
聞き役

オンラインヨガに興味をもったキッカケってあるんですか?

女性
話し役

コロナになってからおうち時間が増えたので、自宅でも楽しめる趣味がほしいなと思っていたときに、たまたまテレビでやってたんです!

この会話例では「単純に相づちを打つ」のではなく、お相手とも会話が続くように最近ハマった趣味のキッカケについて質問しています。このようにお相手が気持ちの良い状態で話を続けられるように工夫していきましょう。

会話術②:5W1Hを意識して話を広げる

2つ目の会話術は「5W1Hを意識して話を広げる」ことです。このテクニックを使えば、会話を途切れさせずお相手に気持ちよく話してもらえるでしょう。

5W1Hとは「いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように」のこと。たとえば前述の会話例では「それに興味をもったキッカケ」について質問していますね。これは5W1Hの「いつ」「どこで」「なぜ」などにあたります。

会話をつなげるために「なぜ〇〇になったのですか?」や「そのお店はどこにあるのですか?」など、5W1Hを意識して質問を返すだけでリズム良く会話を続けられるようになりますので実践してみてください。

会話例

次に5W1Hを使った会話例をご紹介しましょう。

男性
聞き役

〇〇さんの好きな食べ物はなんですか?

女性
話し役

パンが好きです!僕は、昔からご飯よりパン派なんですよね。

男性
聞き役

ぼくも朝はパン派です!
ちなみに、どんなパンがお好きですか?

女性
話し役

以前はグラタンパンやチーズのパンが好きでしたが、最近は年齢を重ねたせいか、ライ麦を使った健康的なパンにハマってます♪

男性
聞き役

健康志向で素敵ですね。いつ頃から健康的なパンにハマったのですか?

女性
話し役

職場の同僚からお土産でもらったことがキッカケでハマったので、まだ3ヶ月くらいしか経ってないですね^^

男性
聞き役

最近ハマったんですね。
東京に美味しいパン屋さんがあるのですが、健康的なパンの種類も豊富なお店なので今度一緒に行きませんか?

この会話では「パンが好き」という会話の始まりから、「どんなパンが好きなのか」「いつからハマっているのか」と話題を広げつつ、次のデートプランもさらりと決めています。

自然な流れでデートのお誘いをしているため、ついOKしたくなるような会話術と言えるのではないでしょうか?

まとめ

初対面のため会話に困ってしまう

プロフィールを見て気になるお相手と顔合わせをする「お見合い」では、お互いに初対面のため会話に困ってしまうケースも多いでしょう。

しかし初対面で沈黙が続いたり、会話をしても面白くなかったりすれば仮交際に進みたいと思ってもらえません。

お見合い→仮交際→真剣交際…とスムーズに進めるために、今回ご紹介した「お見合いで使える鉄板の会話ネタ」や「モテ度をUPさせられる会話術」を活用してみてください。(モテる会話には事前準備が大切!

コミュ力を高めて、モテまくりの婚活にしましょう^^